関西学生サッカー選手権2016優勝の行方

関学大優勝写真

関西の大学サッカーの5月の風物詩ともなっている関西大学サッカー選手権で、ベスト8が出そろった。サッカーブログなどでは「関学大の3連覇か?」「昨年の雪辱で大体大が優勝する」など予想が尽きることのない議論として書き込まれている。

今年の関西学生サッカー選手権の8強は以下の通り。準々決勝(28日)の対戦カードとともに紹介しておこう。

関西大―阪南大

関西学院大―びわこ成蹊スポーツ大

大阪体育大―大阪学院大

大阪産業大―立命館大

3連覇を狙う関学大はびわこ成蹊スポーツ大と対戦する。関学大は4回戦で格下の関西国際大と対戦し、先制点を許すもその後、4得点を奪ってあっさり逆転勝利を収めた。阪南大は4回戦の龍谷大戦で4-2とFW松尾雄斗のハットトリックで逆転勝ち。

大体大は4回戦で天理大と激突した。天理大は3回戦で1部校である同志社大を破って勢いがあったが、大体大が5-0でシャットアウト。関学大、阪南大、そして大体大の3強は順当に準々決勝にコマを進めた。

大学スポーツサイトや大学スポーツ新聞もサッカーを取り上げており、夏の総理大臣杯出場権をかけて熱い戦いを繰り広げています。

ブックメーカー「bet365」でおいしく世界中のスポーツ生中継を見よう!

bet365スポーツ生中継画像

今や日本にも海外のbookmaker(ブックメーカー)が続々と入ってきています。中にはライセンスのない違法なブックメーカーサイトもあるようですが、基本的には海外各国の政府から運営許可(ライセンス)を発行されて合法的に運営されているもので遊ぶのが無難です。

最近では、海外のブックメーカーなのにもかかわらず「日本語」に対応しているものも増えてきており、日本語になじみのあるプレイヤーも増えているとの話も聞きます。

そんな現状の中で、「日本語」のサイトが存在しない英語サイトであるのにもかかわらず、人気を博しているブックメーカーがあります。Bet365(ベット365)というイギリス系のブックメーカーです。ブックメーカーに関する情報をネットでいろいろと確認してみたところ、このbet365は無料で世界中のスポーツ生中継が見られるというのです。

いやいや、そんなおいしいサイトがあるんだろうかと私はさらに調べてみると、本当に無料でスポーツ中継が視聴できました!1年間で約40000~50000試合(イベント)のスポーツ中継をタダで見られるのですから、スポーツ好きにはこんなにありがたいサイトはありません。

よくよく調べてみると、このbet365に登録して、そのアカウントに入金をしていれば半永久的にスポーツ中継をタダで見ることが可能なようです。日本では中継されない、もしくは中継されても有料なスポーツでもインターネットを通じて楽しむことができるんです。実際に中継を見てみましたが、問題なく見ることができてちょっと感動しました!もちろん違法性は全くありません!!

自称・クリケットオタクを称している私には、毎日のようにクリケットの試合を見られるのが素晴らしいのです。日本では中継すらありませんからね。

さらに、その中継を見ながら世界中のスポーツファンも楽しんでいる「スポーツベッティング」もできるそうです。なんだかすごく便利な世の中になったもんですね。